摂り過ぎの塩分を控えるために考えたいこととは?

日本人のソウルフードと和食は、昨今世界中で注目されています。健康な体作りに寄与する食事としても話題となっている一方、日本人の塩分摂取料は非常に多いと言われています。
WHO(世界保健機関)は食塩の摂取目標を1日5グラムと設定しています。
塩分を過剰に摂取すると血圧の数値が上昇することで健康を阻害すると言われています。
日本でも、日本高血圧学会減塩委員会は1日6グラム未満に制限しようという宣言をしています。

しかし、厚労省が2012年に発表した日本人の塩分摂取量は男性は10g以上、女性は9g以上摂取しているということが分かったそうです。
確かに、和食は意識しないと自然と塩分摂取が過剰になってしまう料理が沢山あります。
調味料は醤油や味噌など塩分が高いものが多いのもそれに寄与しているのではないかと思います。

また、ラーメンを日常的に食べる日本人はスープまで全て飲んでしまうと、一杯で非常に多くの塩分を摂取してしまうことになります。
和食の中で言えば、お味噌汁や煮物なども出汁の味わいだけでなく、料理法によっては塩分が非常に多くなってしまう傾向があります。
また寒い地方の地元料理などには塩分を豊富に使う料理や保存食などもあり、塩分の過剰摂取が懸念されます。

普段の食生活から塩分を極力制限して、1日5グラム程度の適度な塩分摂取に見直していくには普段から食べている食事をチェックしていくのが良いと思います。
コンビニのお弁当や外食が多い場合は、1週間の間毎日食べている食事の塩分量を計算していくのがおすすめです。

自炊の場合は、塩分を料理に使う前に量を図って入れるのが良いです。醤油などの調味料も計測していれるのが良いです。
醤油の塩分含有量は商品の外面に記載されているので、使った量を計算すればおおまかな塩分量が計れます。
外食の場合でも、最近のファミリーレストランや牛丼チェーンなどはメニューにカロリーや塩分量なども記載していますし、公式ホームページでメニューをチェックすればメニューごとに塩分量を記載しているお店も多いです。
コンビニのお弁当にも、必ず栄養成分などの記載はされているので逐一メモをとっていくことで毎日自分が摂取している塩分量を把握することができます。

全てを把握してみると、きっと自分でも驚くほどの塩分量を摂取していたことがわかると思います。
コンビニのお弁当の中には、1食で6グラム程度の塩分のものもあります。
体を動かす仕事の方や夏場の外仕事の方はよく汗をかく方もいると思うので汗を排出する量も多いと思います。
しかし、あまり毎日汗をかかないような仕事の方が、塩分が多い食事をするのは塩分を多く溜め込んでしまっているかもしれません。

普段から塩分の摂取を気をつけることだけでも、塩分を控えることができるようになります。
ラーメンのスープは全部飲まないようにするなどして、過剰な塩分摂取を自己制限するだけでも少しずつ変化させていくことができます。

塩分を制限する生活になれてくると、今まではなんとも思わなかった塩分の強い食事が塩辛くて食べられなくなるほどです。
筆者の私もこれを実感しました。
年齢のせいかな?とも思いましたが、それまでの食生活で食べていた塩分の強い料理がことごとくしょっぱく感じてしまうようになるのです。
食べる料理も、出汁重視で塩分を抑えめの料理の方が美味しく感じるようになりました。
塩分を控える生活をするようになってから、立ち仕事から帰ってきても足のむくみの加減が小さくなってきたような気がしています。
やはりむくみと塩分摂取量は関係しているのだなと実感した瞬間でもありました。

是非自分の毎日の塩分摂取量を知るためにも毎日の食事の塩分量チェックを行ってみて頂きたいと思います。

どんな食事に切り替えればいい?
塩分の摂取が多いと分かった場合は、毎日の食事の見直しがおすすめです。
自分では塩分制限した料理は作れないという場合は、塩分制限された宅配食を利用するのがおすすめです。
プロの管理栄養士がメニューの栄養バランスを監修しているので、1日3食食べても1日6グラム以下の塩分摂取量に抑えることもできるのでおすすめです。
また、塩分を制限するからといって自己判断で完全に塩分を排除してはいけません。
疾患などがある場合はかかりつけの医師に相談していると思いますからそれに従い、普段から塩分を多く摂りすぎているなと実感にある方は普段よりも塩分を控えることができる宅配食などを利用してみるのもおすすめです。
減塩食を特集しているサイトはこちらからチェックできます。

減塩冷凍弁当

歯を白くして上っ面を増強

美しさを意識するお客様が増えてきています。少し前まではスキンケアやメーキャップヘアースタイルを意識するお客様が多かったのですが今では歯にもネタが集まっていらっしゃる。昔は虫歯などで痛みが出てから歯医者に行くのが当たり前でしたが今は歯の色付けでうわべが気になる結婚式など大切なお天道様の前にきれいな歯になりたいなどのいう理由でホワイトニングを検討するお客様が増えてきているのです。
続きを読む “歯を白くして上っ面を増強”

カテゴリー: タグ:

バストアップクリームを試した人の口コミや評判

少しでもサイズをアップしたい人や形を良くしたい人はクリームを使用してしますが、その効果としてバストサイズがアップした人もいれば、全く変化がなかった人もいて賛否両論の意見があります。その差の違いに何があるのだろうと知りたかったので、試した人の口コミや評価をまとめてみました。クリームを使ってマッサージをしますと、最初は実感しなくても胸周りの血行が良くなることから形やサイズアップができたという評価もあります。
続きを読む “バストアップクリームを試した人の口コミや評判”

アトピーを悪化させてしまう原因について

アトピーを悪化させてしまう原因は、どこにあるのかというと、意外と日常生活の中に潜んでいることが多いです。自らその原因を作っていることが多いので、気をつけないといけません。ちょっとした癖で、症状が酷くなることがあります。アトピーを悪化させる原因として考えられるのは、たとえば、汗をかいたまま放置して肌を不潔にしていたりすることです。
続きを読む “アトピーを悪化させてしまう原因について”

水素水が健康に良い理由とは?

水素水が健康に良い理由は、水素水には体の中の活性酸素を除去できる力があるからです。活性酸素は、様々な病気の引き金になるもので、そのまま体内に放置すると、肌の老化、体力の衰えにつながります。また、糖尿病、心筋梗塞、脳卒中などを誘発することになります。体の不調や疾病に活性酸素は大きく関係しているのです。本来、人は活性酸素に対抗するため、抗酸化作用を有しているのですが、それは年齢と共に徐々に低下していきます。
続きを読む “水素水が健康に良い理由とは?”

冷え性予防とむくみ予防におすすめの食べ物

冷え性改善は食べ物で改善できます。もちろん適度な運動をして血液のめぐりをよくし、食事療法で改善するとより早い効果が期待できます。冷え性改善方法の一つで、体を温める食べ物で基礎体温を上げる方法を紹介します。それは生姜です。生姜と言っても、生姜紅茶ではありません。生のおろし生姜や紅生姜、寿司のガリの甘酢生姜などでもありません。冷え性を改善して、体を芯から温めるのは、乾燥させた生姜です。生の生姜などでは体の表面しか温まりません。体の奥から温めるのは乾燥させた生姜です。この乾燥させた生姜を粉末にすると、何にでも入れて飲んだり食べたり出来るので便利です。
続きを読む “冷え性予防とむくみ予防におすすめの食べ物”

しじみが疲労回復や滋養強壮におすすめされる理由

しじみが非常に人気が出ています。それも体に良い健康によいと言うことで人気が出ているのです。健康に良い要素と言われているのが疲労回復や滋養強壮に効くということになります。これらの効果が認められているのにはわけがあります。それはしじみにオルニチンなどの肝臓に良いと言われている有効成分が含まれているからに他なりません。オルニチンはアミノ酸の一種で肝臓において解毒作用やアルコールの分解を促進させるはたらきがあると言われています。この部分が最近一番話題になって取り上げられている部分ですが実はオルニチンには他の働きもあります。
続きを読む “しじみが疲労回復や滋養強壮におすすめされる理由”

お湯も出るウォーターサーバーはどれ?

お湯も出るウォーターサーバーは人気があります。ウォーターサーバーの場合、お湯を沸騰させずに温めるこができるので、80~90℃の間で利用できます。この温度は、お茶やコーヒーをいれる時や赤ちゃんのミルクを作る時に最適です。また、ウォーターサーバーの水は水道水よりおいしいので、料理が美味しく仕上がります。お湯も出るウォーターサーバーでおすすめなのは、フレシャスです。安心、安全の高品質なミネラルウォーターを提供していて、使用後は小さくまとめて捨てられるパック式なので回収不要で便利です。
続きを読む “お湯も出るウォーターサーバーはどれ?”

千年ケフィアプレミアムの飲み方

最近メディアでも取り上げられることの多くなり知名度が上がってきているケフィアはユーラシア大陸のコーカサス地方の伝統の発酵乳です。

よくヨーグルトと混同されがちなのですが、ヨーグルトの乳酸菌は1・2種類による発酵に対し、ケフィアは複数の乳酸菌や酵母による発酵が特徴です。体に必要なビタミンやカルシウムなどの栄養を補える点から美容やダイエットに良いとされ、また乳酸菌の働きにより腸内環境を整える作用のあるケフィアは積極的に摂りたい食品です。
続きを読む “千年ケフィアプレミアムの飲み方”

生理痛の原因となるものと対策

生理痛は、その人それぞれによって全く症状が違います。
痛みの度合、場所など、痛みがほとんど無い女性もいれば寝込んでしまう程重い女性もいます。
生理前になると、子宮の収縮を促すプロスタグランジンという物質が分泌されます。
この物質が増えすぎると、子宮の収縮が強くなり充血やうっ血を引き起こす為痛みなどの原因になります。
出産の際の陣痛もこのプロスタグランジンが起こします。 続きを読む “生理痛の原因となるものと対策”