葉酸はどんな効果があるの?

葉酸はどんな効果があるのかというと、胎児の先天性異常のリスクを抑える効果があります。葉酸には、細胞分裂や体の発育を促す効果があります。胎児の神経系は妊娠後間もない時期に形成されるので、この時期に母胎に葉酸が必要になります。
葉酸が不足すると、神経形成がうまく進まず、結果、二分脊椎や無脳症などの神経管閉鎖障害が起きるリスクが高まります。
葉酸にはダウン症の予防効果もあります。ダウン症は、母親の年齢が上昇するほどリスクが高まる障害なので、高齢出産する人は、葉酸は必須です。
妊娠した女性は、誰もが健康な赤ちゃんを望みますが、全ての赤ちゃんが健康で産まれてくる保証はありません。高齢出産の場合、病気を持って生まれてくる確率が高くなるので、葉酸をしっかり摂取する必要があります。

葉酸は妊娠初期に必要な栄養素なので、妊娠が判明してから摂り始めても、期待した効果は得られません。妊娠する可能性がある人は、妊娠しているかどうかに関係なく、葉酸は摂っておくべきです。
葉酸が不足をすると貧血になるので、葉酸サプリは欠かせません。葉酸は赤血球を生産する際、欠かすことができない栄養素になるので、お母さんの体を守るためにも必要です。

葉酸サプリの選び方