アトピーの原因の種類

アトピーの原因の種類は、色々言われますが、大きく分けると外因性か内因性かです。刺激かアレルギー性かで分けることもできます。
外因性のアトピーは80%で、内因性のアトピーは20%と言われています。ただ、外因性と内因性を複数持っている人もいて、原因が複雑に絡んでいる場合もあります。それゆえ、アトピーを改善するのは難しく、原因を取り除いたと思っても完治しないことがよくあります。アトピーの原因の1つは、アトピー素因によるもので、遺伝からくるアトピーです。

家族にアトピー素因があると、アトピーになりやすくなります。もう1つは、アレルギーとは別の問題のもので、科学物質による刺激や、乾燥による皮膚のバリアー機能低下などが原因となるアトピーです。衣服などの刺激や、汗をかいたときの発疹が悪化することでアトピーになります。
アトピーには、運動がよいとよくいわれますが、これは汗に対するアレルギー反応を抑制するために行なうものになります。内因性が原因のアトピーに効を奏します。一方、食事制限は、外因性のアトピーに対して効果的な治療法になります。

アトピーの原因と治療