生理痛の原因となるものと対策

生理痛は、その人それぞれによって全く症状が違います。
痛みの度合、場所など、痛みがほとんど無い女性もいれば寝込んでしまう程重い女性もいます。
生理前になると、子宮の収縮を促すプロスタグランジンという物質が分泌されます。
この物質が増えすぎると、子宮の収縮が強くなり充血やうっ血を引き起こす為痛みなどの原因になります。
出産の際の陣痛もこのプロスタグランジンが起こします。

生理痛の原因は様々で、冷え症の方は血流が悪くなる為だったり、子宮口が成熟してない場合や、カルシウムやマグネシウムが大量に不足している場合も要因となります。
人によっては、日常生活が困難な程の痛みを引き起こす場合もあり、下腹部痛だけではなく頭痛や吐き気などを伴う場合は月経困難症といいます。病的なものがない場合は機能性月経困難症と呼ばれ、プロスタグランジンの分泌が多い女性に起こりやすいとされます。なんらかの病気が原因となっている場合は器質性月経困難症と呼ばれ、中でも子宮内膜症や子宮筋腫が多く見られます。

少しでも痛みを和らげる為には、生理のタイミングに合わせた対策が必要です。
アルコールの摂取は出血を多くしてしまうこともあるので生理前は避けた方が良いです。
また、プロスタグランジンの分泌を抑制する薬を飲む事で対策も可能です。

女性ホルモンとバストアップクリームについて